読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォーレン・バフェットへの手紙

サラリーマンの投資ログ

週末ポートフォリオ公開 (平成28年3月11日時点) ノジマ、そーせい…M&Aから飛躍する企業

f:id:goodbyebluemonday23:20160312133459p:plain

今週末時点での株式総資産は4,006,300円。前週比+490,000円(+13.9%)となった。

プラス分はシンバイオ製薬の買い増し。2,000株を買い増して、合計3,500株となった。

今週のハイライトはECBによる金融緩和。中身はマイナス金利幅の引き上げ。この金融政策に、市場はサプライズし、一瞬好感したかに見えたが、その後失望売り。マイナス金利という政策に対する疑問視、限界が囁かれた。日本のマーケットに対する影響は限定的だったが、マイナス金利という政策を取る日銀は、ECBの動きと世界経済を引き続き中止する必要があるだろう。

最近は、新しい投資先を探すためのツールとして、以下のサイトを利用している。

ノジマは携帯販売力のあるITXを買収し、一気に時価総額が飛躍。そして、今もっとも勢いのある銘柄そーせいは、貴重なパイプライン複数持つヘプタレス社を買収してから、現在の上昇気流に乗った。

企業買収というのは、成功すればその企業の価値を一気に押し上げる。あくまで本業あってこそだが、本業に寄与するシナジー効果のある買収というのは、無理な資金投入がなければ積極的にやっていいものだと思っている。